About

蓮池ヒロ
フォトグラファー / 文筆家

1993年生まれ。静岡出身。現在はスペイン在住。
高校生から写真を撮り始める。2018年より独立、写真と執筆に関わること、作品制作などの活動を開始。2023-24年はスペインで活動している。『秘密結社「喫煙所」』運営(文通企画)。「共存人類学研究会」運営。「Wasei Salon」メンバー。

独立後は、コンテンツのビジュアル撮影、アウトドアと暮らしに関する取材や執筆を主に行なう。現在は、「カイエ(雑記帳)」という雑記の執筆、雑記のような写真、(哲学)対話、読書(会)など、生きることにより繋がっていくような、”はたらくこと”を探求して、それに付随する活動を行っている。「お茶でもどうですか」と言えるような居場所を作り、人や万物と共に生きていきたい。本とラジオと散歩と思いつきで作る料理が好き。推しはオードリー。

「写真」の現在地:写すこと

写すこと

「書くこと」における意識:剥がれ落ちるように書きつける

剥がれ落ちるように書きつける

“はたらく”と居場所の話:「まぁお茶でも飲んでいきなよ」って言いたい。

「まぁお茶でも飲んでいきなよ」って言いたい。

去年読んでいた本など:2023年の写真と本

2023年の写真と本

没頭の先にある感覚を探求した結果が、表現であると思う。探究というのは、海に潜る感覚と似ている。何の音も聞こえない。他者を忘れるぐらいの静けさと高揚感。それらがなければ、自分の素直さに辿り着くのは難しい時代なのかもしれない。

“わたし”という存在は”わたし”しかおらず、つまりは周りに親しい人がいることは、孤独とは関係がない、と思う。人は孤独から逃れられないが、それを受け入れることで、”わたし”と”あなた”の自立した関係になれる。確かに、全く異なる”あなた”とのわかりあえなさに直面するのは、”わたし”の輪郭が脆くも崩れていくようで、絶望を感じることもある。

ところが、また探究という海に潜っていくと、そんな葛藤や曖昧さが、次第に孤独は表現であり、途方もなく面白いと感じさせてくれるようになる。”わたし”が葛藤しながら生み出した表現が、”あなた”の孤独に触れられたら、こんなに嬉しいことはない。だから、しょうもなくて、笑えて、いびつなものを愛してしまう”あなた”と対話してみたい。

お気軽に何でも連絡してください〜

 

最近の興味
雑記 対話 本 フィルム 俳句 アート 螺旋 ままならなさ 孤独 散歩 ラジオ 料理

 


Profile

Hiro Hasuike
Photographer / Author

Born in Shizuoka, Japan. Based in Spain.

Currently Thinking About:
book, art, dialogue, wood carving, washi, flower, construct questions, ambiguity, to feel conflicted, solitude, expression, immigration, motorcycle, take a walk, radio

Thanks for viewing my portfolio.
I hope you enjoy my portfolio and the work that I’m doing.

Got something for us?
Get in touch.